助成金申請代行・起業サポート

雇用保険の制度には2つの事業があり、1つは失業した人や働きたいけど働けない人に対して給付を行っていく「失業等給付」の事業と、もう1つが「二事業」と呼ばれる事業です。

 

多くの助成金は、この「二事業」から予算が捻出されています。

 

事業主の皆さん、冒頭の説明をもう一度見てください。

毎年の年度更新で、雇用保険料を納付している事業主の皆さんが、実際の給付を

受けられるのは、2つ目の「二事業」からだけです。

 

この「二事業」は、大きく2つに分かれています。

① 雇用安定事業

② 能力開発事業

 

この2つの事業の中でさまざまな助成金が制度としてあります。

 

例えば・・・

◆ 雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金

  ~やむなく事業活動の縮小をしなければならなくなった事業主が、労働者を

   一時的にさせたり、教育訓練、出向に出したりした際に、その手当や賃金

   の一部を、国が助成するもの。

 

◆ 若年者等正規雇用化特別奨励金

  ~ハローワークから紹介された、奨励金対象の年長フリーターや内定を取

   り消された学生を直接雇い入れた事業主に対し、一定額の奨励金を支給

   するもの。

 

◆ 派遣労働者雇用安定化特別奨励金

  ~受け入れている派遣労働者を、雇用の安定に資するため、直接受け入れ

   た事業主に対して一定額の奨励金を支給するもので、平成21年2月6

   日から平成28年3月31日まで(延長されました)に受け入れる場合が対象。

 

その他にも、さまざまな助成金があります。

雇用保険のほか、各自治体などが主催している助成金制度もあります。

助成金申請には、事前に整えておかないとならない書類や、気をつけないといけない期限などがあり手続が煩雑です。

助成金の申請を検討しているご担当者様、是非、ご相談ください。

 

★助成金申請にあたっては、申請すれば必ず給付される、というものではありません。審査によっては、申請が認められないケースもありますので、予めご了解ください。

 

【2011年度 実績】

◇ 介護基盤人材助成金 140万円の助成

◇ キャリア形成助成金 160万円の助成

◇ 定年引上げ奨励金  2社

◇ 短時間労働者の健康診断助成

◇ 中小企業両立支援助成金               など 

助成金の申請のご相談、ご依頼は、こちらから。